兼業投資家の株式投資におけるインカムゲインの重要性

インデックス投資

インカムゲインとキャピタルゲインのどちらを重視するか、悩んでいませんか?どちらも大切ですが、どちらを重要視するかで投資額を回収できる期間が変わってきます。

なぜならインカムゲインとキャピタルゲインは全く違うものだからです。

この記事では中長期保有の視点からインカムゲインの重要性について解説していきます。

インカムゲインとキャピタルゲインの違いについて

インカムゲインとキャピタルゲインの違いは何でしょうか。それぞれ順番に解説していきます。

インカムゲイン

株式投資におけるインカムゲインとは配当金のことを指しています。

100万円で配当利回り5%の株を所有していると

100万×5%=5万

1年間で5万円もらえる計算です。(税金や手数料は考慮していません。)

キャピタルゲイン

一方キャピタルゲインとは銘柄を買った金額より高く売り、その差による利益のことを指しています。

キャピタルゲインの例としてはテンバガー株があります。テンバガーとは購入した株式の価格が10倍に上がることを指しています。例えば下記です。

100万円で購入した株の価格が上昇し、1,000万円になったとします。

1,000万ー100万=900万

利益確定をすると900万円の利益が生まれます。(税金や手数料は考慮していません。)

900万円がキャピタルゲインにあたります。

このように比較をすると一見インカムゲインは非常に地味な印象をうけます。なぜならキャピタルゲインと比較すると大きく利益がでないからです。

値上がり前の株を購入し、上がったところで売却するイメージとは異なります。

インカムゲインの考え方

インカムゲインを重視する場合は、配当の成長が期待できる銘柄に投資を行います。なぜなら増配傾向にある株を早く購入できると投資元本を回収できる期間が短くなるからです。

現在、銀行に貯金をしてもお金はほとんど増えません。業界トップのあおぞら銀行やSBJ銀行でも0.2%しかありません。

一方、東証1部上場企業の平均利回りは2020年4月のデータで2.3%あります。つまり銀行に預金するよりも投資を行ったほうが10倍のスピードでお金が増えることを意味しています。

また高配当銘柄や配当金の成長が期待できる銘柄に投資を行うと5%以上の利回りを得ることも難しくありません。

インカムゲインを重視する投資方法がオススメな人

結論からいうと日中にチャートの確認ができない兼業投資家にオススメです。なぜなら中長期保有が前提となるので短期的な値動きに一喜一憂する必要がないからです。

企業がどれほど業績をあげているのか、財務の状態はどうなのか、どれほど増配を行うのかといった点をたまに確認する程度でいいからです。

したがって他のことに時間を費やせますし、日中に全くチャートを確認できなくとも問題ありません。もちろん毎日情報収集したほうが良いのは当然です。

ここで指す中長期保有とは5年以上をさしています。

中長期保有していると株数が増えていく

中長期保有し配当金を再投資を行うと株数が右肩上がりで増えてきます。株数が増えると得られる配当金も更に増えます。

このように好循環を生み出せます。

インカムゲインを重視する際の株式投資の失敗とは?

インカムゲイン重視の株式投資の失敗とは下記です。

企業の財務状態の悪化

業績に限りがみえた

経営判断で配当金を減らす(減配)

インカムゲインによる株数の増大や複利を重視する場合に大切なのは企業の財務の状態と経営判断です。なぜなら企業が配当金を株主に還元する場合、その源となるお金が必要です。

お金を用意するためには稼ぐ力が必要です。稼ぐ力が大きい企業は成長性もありますので中長期でみると株価の上昇も期待できるかもしれません。

稼ぐ力が悪化することは業績の悪化を意味し、企業の財務状態の悪化にも繋がります。

また企業が稼いだお金からどれほど株主に配当するのかは経営判断によります。株主還元に積極的でない企業、配当金を下げる判断をした企業は投資対象から外すことになります。

まとめ

企業の財務の状態と経営判断はある程度予想することが可能です。しかし株価は誰にも予測できません。兼業投資家はなかなかチャートをみる時間がないと考えれます。

したがってインカムゲイン重視の投資スタイルはインデックス投資やレイ・ダリオ型ポートフォリオを組んでの投資と並んで優れているのではないかと最近思うようになってきました。

私自身、自分がどのスタイルにあっているか実験中です。今後も実験結果や情報発信を続けたいと考えています。

あなたの人生の参考になれば幸いです。