【MEO対策その1】5分でわかるあなたのお店の集客を増やす方法【無料です】

MEO対策とは googlemapと連動して出てくる地図です。MUP

【MEO対策】15分の作業であなたのお店の集客を増やす方法

悩んでいる人

お店の集客を増やしたいけどどうすればいいのかわからない。

今の集客方法に限界を感じてきた。

新しく何かしていきたい。

でもできるだけお金はかけたくない。

本記事ではこういった内容に答えます。

結論からいうとMEO対策を行うことにより、あなたの店舗の集客を少しでも増やすことができます。あなたは調べ物をする時どうしますか?人に聞いたり本を読む人もいるでしょう。

しかしパソコンやスマホを使用しgoogleで検索を行う人が多いのではないでしょうか。MEO対策はこれを最適化するものです。

MEOとは何なのか?

MEOとは「Map Engine Optimization」の略です。

簡単にいうと下記です。

「Map Engine Optimization」マップエンジンオプティミゼーション

簡単にいうとgoogleマップの地図エンジンで最適化をはかることをいいます。

具体例で見ていきましょう。

下記は検索した一例です。

MEO対策の解説、新宿カフェでgoogle検索したときの地図です。

googleで「新宿 カフェ」で検索するとこのように表示されます。

このように「地域×業種」で検索したときに地図にあなたのお店や店舗がでてくるようにするのがMEO対策と考えてください。

この地図部分の上位に表示させると検索した人の目にとまりますよね。竹花貴樹氏によるとマーケティングとはビジネス全般を指すものです。マーケティングはいつでも知ることから始まります。したがって、まず認知度を上げる必要があります。知ってもらうことにより、あなたのお店の認知度があがります。認知度があがるとそれだけお店に来てくれる確立も増えます。

これだけ抑えておけばいいMEO対策の基礎3つ

MEO対策の基礎ということでこの内容を順番に解説していきます。

googleマップと連動してビジネスの情報がでる

googleマイビジネスを上位表示させてweb,店舗に集客を行う

基本的に無料

順番にみていきましょう。

googleマップと連動してビジネスの情報がでる

キーワードで検索されるとgoogleマップと連動してビジネスの情報がでます。これを最適化するのがMEO対策です。最適化に関しては後ほど解説していきます。MEOとMEO対策は広義では同じような意味なので気にしないでください。

googleマイビジネスを上位表示させてweb,店舗に集客を行う

MEO対策をする目的は主に下記です。

検索されたgoogleマイビジネスを上位表示させてweb,店舗に集客を行う

上位表示させるのが目的ではなく上位表示し、潜在顧客に認知してもらい店舗に来てもらうのが目的ですね。そのためにはまず知ってもらう必要があります。

基本的に無料

googleマイビジネスを利用するので基本的に無料

googleのサービスを使用するので基本無料です。googleマイビジネスの中にリスティング広告の設定もありますがここはお金がかかります。検索エンジンのシェアはgoogleが圧倒的で約9割のシェアを誇ります。最近ではyahooも同様のサービスをはじめたのでこちらも登録してみましょう。

MEOの特徴

ここからはMEO対策の特徴について解説していきます。

効果が把握しやすい

リスティング広告

SEO対策

この2つはMEO対策と同じようなwebマーケティングの1つですが、効果を測定するのが難しかったりします。

googleアナリティクスでデータをみたりその他の要素を総合的に判断したりで効果を図ることも可能ですがわかりずらいです。

それに対してMEO対策は下記です。

MEO対策はgoogleマイビジネスを活用するので効果が把握しやすい

googleマイビジネスの中のインサイトという項目から具体的なデータを確認することが可能です。

  • ユーザーがお客様のビジネス情報を検索した方法
  • 検索クエリ
  • ユーザーがお客様のビジネス情報の検索に使った Google サービス
  • ユーザーの行動
  • ルート リクエスト
  • 電話
  • 写真
  • ビジネスが認知されている要因

これらをデータとして無料でみれます。

またgoogleアナリティクスのように複雑ではなく効果がわかりやすいといった特徴があります。

googleマイビジネスは非常にクリックされやすい

しっかりと対策を行うとgoogleマイビジネスは上位に表示されやすいのでクリックされやすいです。

  • 例えば  あなたは新宿のカフェに行きたいとします。
MEO対策 新宿カフェでgoogle検索したらこの地図がでてきます。

googleで「新宿 カフェ」で検索するとこのように表示されます。

質問

検索結果に上の画像が出てきた場合、あなたならどこをクリックしますか?

口コミをみたり自分のいる場所から近いカフェを探しますよね。中には口コミの数をみて混んでいそうだから他のところにしようと考える人もいるかもしれません。移動時間で行く場所を決める人もいるかもしれません。

こういった数多くある選択肢の中からあなたのお店や店舗に来てもらうためにMEO対策が必要です。

検索されるワードは「エリア×業種」で最も検索される

新宿×焼き肉

こういったように地域と業種で検索したときに表示されるのがMEOです。

基本的にエリアと業種で検索したものに対して表示させるのがMEOなので、

そのエリア、地域にある店舗型ビジネスとの相性がいいです。

また地域と業種で検索している人はすでに行動している人であり、

実際の消費に繋がりやすいです。

競合が少なく勝負しやすい

MEOは地域×業種、エリア×業種といったキーワードで検索を行われます。

したがって競合はSEOよりも少ないです。

SEOの競合が多い理由は下記です。

様々なキーワードでHP、記事が書かれている

なのでそれらが上位にくる

SEOはこれにより競合が多く上位をとるのが難しくなっていますが、

MEOは地域性が高いので競合が少なく勝負しやすいです。

MEOはスマホとの相性が良い

MEO対策 新宿居酒屋個室 MEOとSEOが異なる理由について

MEOがでたのは4−5年前です。

スマホが普及したから普及した経緯があります。

今ではお出かけ先でお店を探すときにスマホで調べる人がほとんどですよね。

地図を見ながら調べることができるので非常に便利です。

みなさんも使ったことがあると思います。

SEOとMEOは別物

MEO対策 SEOとはsearch engine optimizationで、MEOとは別物です。

新宿カフェで検索したときのSEO

MEO対策 新宿カフェでgoogle検索したらこの地図がでてきます。

新宿カフェで検索したときのMEO

MEOとSEOの違うところですが、

MEO map engine optimization

SEO serch engine optimization

MEOは主としてgoogleマップの地図エンジンで最適化を図ることです。

それに対してSEOはgoogle検索の検索エンジンで最適化を図ることです。

MEOのほうが上位表示されやすくその地域に競合が少ない業種であれば、

1位をとることも難しくないでしょう。

google検索で検索するか、googleマップで検索するかで表示のされ方も異なりますが、

現在googleはgoogleマップに力を入れており

今後も新しい価値を提供してくれるでしょう。

MEOは上位表示されやすい

これは前述した通りです。

検索の基本は「地域×業種」ですがキーワードによって順位が変わります。

地域であれば競合も少ないのでしっかりと対策を行えば、

潜在顧客の目にとまるでしょう。

まとめ

MEO対策は少ない費用ではじめることができます。

それではまた次回お会いしましょう!