サラリーマンや新社会人が知っておくべき、最も生産性を上げる働き方とは?【新規事業開発責任者がお伝えします】

最も生産性が上がる働き方とは?第2象限に時間を費やすと生産性があがります。ビジネス

最も生産性を上げる働き方とはどんな働き方でしょうか。

結論からいうと長期的に大きな影響力をもち、なおかつ急ぎではない行動に時間を費やす働き方です。

本記事では時間を費やすべき行動がありそこに時間を使いましょうという話をしていきます。

ビジネスにおけるフレームワークの1つに、緊急度マトリクスというものがあります。フレームワークとは統計学、心理学から導き出された枠組みと考えてください。

緊急度マトリクスとは人生における行動を以下の4つにわけたものです。

緊急度大、重要度大

緊急度低、重要度大

緊急度大、重要度低

緊急度低、重要度低

分かりにくいと思うので順番に解説していきます。

緊急度と重要度

緊急度と重要度はこんな感じです。

緊急度大とはすぐにやらなければならないこと

緊急度低とは後回しでもいいこと

重要度大とは長期的に大きな影響をあたえるもの

重要度低とは長期的に大きな影響をあたえないもの

これを4つのマトリクスに振り分けると次の図になります。

緊急度マトリクス 最も生産性の高い働き方とは
© 2019 トンセイな生活.

これを元にあなたの昨日の行動を振り返ってみましょう。

昨日の振り返りについて

あなた自身の昨日1日の行動を振り返り何がどこに当てはまるか考えてみてください。

実践:1日の行動をすべて思い出し何をしていたか3分書き出しましょう。

イマイチ思いつかない人は下記を参考にしてください。

トイレ 食事 運動 ジム 読書 ゲーム 美容 お風呂

料理 仕事 副業 twitter インスタ youtube 映画 

ランチ ディナー 家族団欒 子供の相手 マッサージ

ファッション インターネット 運転 など

できましたか?

下記は一例です。

最も生産性の高い働き方は緊急度重要度マトリクスの第2象限での行動です。
© 2019 トンセイな生活.

こんな感じになります。

ここから成功する人の行動パターン失敗する人の行動パターンを分けるとこうなります。

成功する人と失敗する人の行動パターンの違い

成功する人と失敗する人の行動パターンの違い
© 2019 トンセイな生活.

失敗する人は第2象限へ時間を費やさない傾向があります。当たり前ですよね。

成功する人は第2象限に出来る限り時間を費やします。失敗する人は第3象限に時間を費やします。

第3象限のほどんどは、あなたではなく他の人でも対応可能ですよね。他の人でも行える仕事ではなく、あなたしかできない事に時間を費やしましょう。

現在の私は限りなく第2象限のみで生きています。

生産性の高い象限

ここまで読んだあなたは何が一番生産性が高いか理解できたと思います。緊急の用事がない場合は、可能な限り第2象限に時間を費やしましょう。

これを常に頭において日々生活、行動していると、あなたの人生において大きなリターンももたらしてくれるはずです。

人類に平等なこととは?

人類みなすべてに平等なのは1日が24時間だということです。

可能な限り第2象限に時間をついやしましょう。

将来的に必ずあなたにリターンをもたらします。

では第2象限にあてはまる行動にはどんなものがあるかというと

前述もしてますが下記が挙げられます。

マーケティング

売上向上施策

人材育成

自分投資(ジム鍛錬、ジョギング、読書、勉強会や学会への参加)

副業

家族団欒

こんなところです。

フロイド・メイウェザー・ジュニアの名言

メイウェザーという世界最高のボクサーがいます。1試合で300億円以上を稼ぐ彼は次のような名言を残しています。

「お前が休んでる時、俺は練習している。お前が寝ている時、俺は練習している。 お前が練習している時、もちろん俺も練習している」

出典:https://spaia.jp/column/boxing/2693

これを我々に置き換えると他の人が何もしていないときに行動を起こすことが成長への第一歩ということです。

スティーブ・ジョブズ

あなたの時間は限られている。だから他人の人生を生きたりして無駄な時間を過ごしてはいけない。ドグマ(教養、常識、既存の理論)にとらわれるな。

出典:https://iyashitour.com/meigen/theme/effort
スティーブ・ジョブス スタンフォード大学卒業式辞 日本語字幕版

少し長いですがapple創業者のスティーブ・ジョブズのスピーチです。人生は限られています。なぜなら人は死に向かって生きているからです。

他人のために生きるのではなく、自分のために時間を使ってほしいというジョブズからのメッセージです。

まとめ

生産性を上げる働き方について解説しました。

しかし下記の行動をすると生産性はめちゃくちゃ下がります。

仕事が終わり、家に帰ってきたらダラダラすごしていませんか?

安月給に文句をいっていませんか?

給料が低いのを周りのせいにしていませんか?

今の時代努力次第で収入はすぐに増やせます。私自身本業に本気で取り組み30代前半で3000万の資産を貯めました。

数年前まで底辺の肉体労働者をしていましたが、心を入れ替えて行動しました。

現在は本業はもちろん、副業にも本気で取り組んでいます。副業の中で一番結果がでているのが投資です。

下記の投資法が結果がでましたので興味のある人は読んでください。

副業について

ブログ、プログラミング、イラスト、転売、執筆、動画編集など他にもスキルの切り売りをできるサービスもたくさん生まれています。

副業を本気でやることで本業にも活かせますしお金もたまります。

サラリーマン

退社時間が20時

20時から帰宅し副業

帰宅したら20時半と仮定

ここから食事、入浴、家族との会話、歯磨き、就寝と考えると使える時間はわずかですよね。

本気で取り組んでいると決められた足りない時間で作業しようとするので、下記が身につきます。

基本的なタイピング

文章の書き方

スマホやipad,PCの操作力

基本的なタイピング、文章の書き方、スマホやipad,PCの操作が劇的に早くなります。

これは本業でもいかせます。

なぜならpcを使わない会社はないですよね。slackやwechat,whatsupなどのチャットアプリが広まりましたが日本においては未だに社内連絡にメールを使用している企業もあります。

作業が早い=価値が上がる

 となります。

どの業界でも作業が早い人は重宝されどこからも求められます。

副業がいまのブームですが、サラリーマンをしながら副業にも取り組むのが様々な面で今始めるだけでも全体でみるとはやいほうだと思います。

あなたの人生の参考になれば幸いです。