10年後に1000万?投資初心者におすすめの投資法【20代のうちからはじめましょう】

10年後に1000万?投資初心者におすすめの投資法【20代のうちからはじめましょう】インデックス投資

大きな金融資産を築くにはどんな投資方法が良いと思いますか?

少額でもコツコツ投資を積み上げているかどうかによって、20年後に大きな資産の差となります。

20年後にそれに気づいても遅く挽回できないので、ぜひ若い頃から積立投資を始めましょう。

20代の投資初心者におすすめの積立投資方法を紹介します。

  • 本記事の内容
  • 対象:新社会人など若い投資初心者
  • 得られること:税金面でお得な積立投資方法がわかります

つみたてNISAは20年間非課税で運用できる

結論から言うと、20代の投資初心者はつみたてNISAを始めましょう。

非課税で最大20年間の長期間運用できる制度です。

株式や投資信託に投資した場合、株価が上がって売却し値上がり益を得たり、投資先から配当金を受け取っとると税金がかかってきます。

約20%も税金として取られます。

20%は大きいですよね。

例として来月のあなたの給料が20%低くなると考えてください。

かなり大きいですよね。

税金というのは長期運用、複利投資の最大の敵です。

したがって運用の成果を上げるためにはできるだけ税金を納めなくてよい合法的な方法をとるべきです。

つみたてNISAを活用すれば、最大20年間税金を払わずに非課税で運用することができます。

非課税というのは長期の運用では絶大なるメリットですので、若ければ若いほど後々で効いてきます。

例えば、22歳でつみたてNISAを始め毎月33,333円を積立投資し、20年間の平均運用利回りが5%だったとすると、

  • 投資金額合計: 33,000円 x 12ヵ月 x 20年間 = 7,920,000円
  • 20年後の資産金額:13,758,072円になります。

※この例では年率5%で計算していますのでご了承ください。

利益の5,838,072円の20%の1,167.614円が税金でひかれると考えると、

残るのは12,590,457円です。

つみたてNISAの場合税金は0円ですので、13,758,072円が残ります。

これは非常に大きいです。

企業が行っているキャンペーンだと思って投資してみてください。

数十年単位で考えるとリターンを得られる確立が高いです。

つみたてNISA口座開設はすぐ手続きをしましょう

つみたてNISAは口座開設に時間がかかるので注意してください。

私が楽天証券でつみたてNISAの口座を開いたときの日数は、以下のように30日かかりました。

2月18日:つみたてNISAの口座開設に資料請求
3月5日:つみたてNSA口座開設の書類審査完了
3月17日:つみたてNISA口座開設完了通知受領

ここから楽天証券で投信積立設定をします。

設定日にもよりますが実際の積立開始まで2ヶ月かかる場合もあります。

投資初心者のつみたてNISAおすすめ銘柄

つみたてNISAのような超長期の投資には、長期的に高いリターンを生み出す可能性がある超低コストの投信を選びましょう。

私が投資しているのは超低コストの先進国インデックスファンドです。

つみたてNISAの積立金額

つみたてNISAは非課税というあまりにも有利な制度です。

毎月の積立金額は制度の上限月3.3万円で行きましょう。

若い新社会人の平均手取りは月17〜22万円くらいのようです。

しかし多少無理してでも17万円から先に3.3万円をつみたてNISAに回しましょう。

将来的に絶対やっててよかったなと振り返ることができます。

将来の自分の資産を最優先したほうがいいです。

結婚、出産、子育て、養育費・・・これらをしなくても親の介護があります。

さらに国もトヨタのような大企業でも3000万を貯めろと声を荒げています。

若いうちにしっかりとした知識の元、運用していけば全く問題ありません。

もちろん投資だけでなく自己投資も必要です。

月3.3万円で株式運用していくと運用利回りが年5%しかなくても

20年後には1,300万円にもなります。

まとめ

若い投資初心者におすすめの積立投資方法を説明しました。

若いうちから毎月投資することが習慣になってくると資産形成が加速度的にスピードアップし、周りの同期に比べてもはるかに大きな資産を短期間で形成することが可能になります。

もちろんインデックス投資よりは個別銘柄分析を行い、しっかりした裏付けの元、

ひとつの企業に集中投資したほうが当たればリターンが大きいです。

しかしインデックス投資はそういった個別銘柄の分析や株の知識を勉強しなくても

指数に連動する銘柄

投資対象は先進国株式

長期ホールド(数十年売らないこと)

この3点を理解しておけば問題ありません。

あとは世界経済の成長とともにあなたの資産も増えていきます。